今までのClassic Reverbは "Classic Reverb Signature"となります。 Bill Keinardは昨年からいくつかの回路設計に彼のアイデアを注ぎ以下のように変更が加えられました。

 

1.  Classic Reverbというモデル名はBillによって内部の数カ所のコンポーネントがアップグレードされこれに伴いClassic Reverb  
     Signatureと改められました。

2.  シャーシはシルバーか黒が選べ従来のフェイスプレートはなくなりより厚い再設計されたアルミ製シャーシになります。
     ノブもチキンヘッドに加えシルバーの円盤型スカートノブもお選びいただけます。

3.  Gain Structure Switchがフロント側に加えられました。これはゲインプリセットスイッチでMatt Schofield Signatureや Sterling    
     Signatureや伝統的な Two-Rock などを選べます。
4.  新しい出力トランスは50w−100wの切り替えが総合的な音質において適切に行われる専門のトランスが採用されています。

5.  ヘッドキャビネットは今までの黒トーラスに加えて新しいカバリングも登場します。

 

Classic Reverb Signatureのマニュアルをダウンロード