Tomo Fujita Signature

ついにトモ藤田氏とTwo-RockのBill KrinardやChad Mangramとの共同作業により創られた新しいアンプが発表されました。
長い間Two-Rockを支持しユーザーとしての彼が彼自身の完璧なテクニックに最適なアンプを考え創り出すためにTwo-Rockと何年も向かい合ってきました。
その結果がこの Tomo Fujita Signatureです。
このアンプはトモ藤田氏によって創られた非常にクリーンなアンプです。
すなわちこのアンプのダイナミクスはプレイヤーの指先のニュアンスをスピーカーから感じることができます。
また特別に設計されたイコライザーセクションは通常のTwo-Rockモデルより低域レスポンスが軽くなっています。この中高域のコントロールは通常とは若干違ったダイナミックレンジを持っています。
このことにより重い低域の邪魔なくアンプの反応を可能にしています。トモ藤田氏曰く ”これは演奏についてではなく感覚上のことです。”
日本国内だけでの販売です。 

トモ藤田氏よるデモ(Youtube)をお楽しみください。
ストラトバージョン
335バージョン
コードの演奏
シングルノートの演奏

Basic Specs:
Single channel, duel tube rectifiered 50 Watt Head
2 x 6L6 Output Tubes
Dual Inputs on front panel
Treble, Mid , Bass tone controls with custom designed Tomo Fujita EQ circuit
Volume, Gain, Reverb and Volume Boost controls
Volume Boost control adjustable on front panel (not a gain boost) that is also foot switchable
Reverb control on the front panel will defeat the effect via a pull pot or foot switch
Passive FX loop
4, 8, 16 Ohm Outputs
Dimensions: 20”L x 10”D x 12”H
Weight: 40LBS